転職ノウハウ

面接の基本が大事!|最低限おさえておきたい面接時のポイントはここだ

山田さん
山田さん
面接を今度受けるのですが苦手です。面接を乗り切れるコツはありますか?
[大手システム会社 プロブラマー 30歳]
今回は山田さんの質問に回答していきますね
書いている人
  • 現役キャリアアドバイザー7年、年間1,000人以上のキャリア支援
  • 転職活動中で転職サイト・エージェントを調査、発信しています

もちろん面接では自己PRや志望動機はベースとなります。

そこを疎かにした合格はないと言っても過言ではないでしょう。

しかし、面接とは人と人とのコミュニケーションです。

すなわち第一印象に繋がる大切な要素が第一段階として存在します。

面接は慣れの部分も大いにありますので、面接を受ける前に毎回面接の基本ポイントをチェックしてみてくださいね。

こんな方の悩みを解決したいです

  • 面接で何を話せば良いかわからない
  • 転職の面接は初めてでどうすれば良いかわからない
  • 面接の最低限のポイントを覚えておきたい

この記事の内容

  • 面接は自分を売り込む営業活動と思ってのぞむ。
  • 面接の基本ポイント7項目をチェックできる。
  • 第一印象が面接結果に左右する。

面接で抑えておくべき基礎のポイント

面接のポイント

話す内容な質疑応答のクオリティは、一朝一夕では身につきません。

きちんと手順を踏むことで、しっかりと面接の対応ができてくるものです。

しかし、基礎となるものが何事にも存在します。今回は、面接における基本中の基本をご紹介します。

ここをしっかりと抑えておき、しかるべき手順を踏めば、面接での対応力は自然と付いてきます。

最終的には、大体の面接にはそこまで時間をかけなくても対応できるようになるでしょう。

面接の基本となるポイントは必ずチェックしておくようにしましょう

面接で好印象を与える最低限の7項目

面接の7項目

面接とは、1時間程度の間で相手に自分の価値をわかってもらう、いわば営業活動です。

営業マンでなくても、入社に当たっては営業活動は避けて通れません。

つまり、誰もが以下を意識する必要があります。

面接を受けている自分は営業活動をしている。

誰もが営業を受ける機会はあります。商品やサービスの規模は違えど、共通していることはあります。

営業をするうえで避けては通れない項目。それを以下の7つにまとめました。

  1. 大きい声で
  2. 表情は豊かに
  3. 結論から伝える
  4. 主張と根拠はセットで
  5. 短め目の発言を意識する
  6. 強みも弱みも正直に
  7. 物事をポジティブに捉える

特に⑥⑦は、面接で良く見せようと思うと、どうしても肩肘を張ってしまいます。

しかし、そんな時こそ、「正直に、謙虚に、前向きに」。それが1番相手には好印象に写ります。

ぜひこの7つを意識してみてください。相手の印象が大きく変わりますよ

面接で印象を悪くしてしまう要因

面接で印象を悪くする要因

面接とは、自分の営業活動を意識することとお伝えしました。

営業マンが、あなたの家に来て商談をしています。

その中で自分が嫌だなと思うシーンを想像してみてください。

下記は、人事の数千名があげた、「面接でNGな態度トップ10」です。

第1位:目を合わせない:67%

第2位:笑顔がない:39%

第3位:テーブルの上に置かれていた物で手遊び:34%

第4位:座っていても、ずっとソワソワしている:32%

第4位:腕を組んでいる:32%

第6位:姿勢が悪い:31%

第7位:髪の毛や顔を触りすぎる:28%

第8位:握手が弱すぎる:22%

第9位:身ぶり手ぶりが大げさすぎる:13%

第10位:握手が強すぎる:9%

出典:Career Builder調査人事部長2605名があげた「面接でNGな態度」

6位-10位はともかく、ほとんどが、先程想像をした営業マンの嫌な態度と重なるのではないでしょうか?

相手にネガティブな印象を与えるのは、表面的なことでいえば、職種などに関わらず共通していることがわかります

転職活動だけではなく面接で受ける第一印象はコミュニケーション上、大切な要素だと言えます。

これを磨くことは、人付き合いを円滑に進めるうえでも大切な要素となります。

面接もコミュニケーションです。好印象を受けるためには人が嫌だと思うことをしなければ大丈夫です

合否は最初の5分で決まる!?

合否は最初の5分で決まる

先ほどご紹介した調査では面接が始まってすぐに “合否” がほぼ決まるとの意見もありました。

なんと51%もの面接官が「最初の5分で、目の前の人物が適正かどうか分かる」と答えました。

極論というか一定の前提条件がある話なので参考までといった感じではあります。

面接なので、レジュメにはもちろん目を通してますし、書類選考が通過しているので、最低限の要件は満たしているというのが前提です。

ですので「本当に5分で全てが決まる」というわけではありませんが、面接においては、第一印象が非常に大切ということは間違いありません

面接では第一印象に特に注意して臨みましょう

まとめ

  • 面接を受けている自分は営業活動をしているという意識を持ちましょう。
  • 面接の基本ポイント7項目を意識しましょう。
  • 面接において、最初の5分が構成する第一印象は非常に大切です。

いかがでしたでしょうか?

面接には、様々な要素が必要であり、スキルと人間力の両方が求められるケースが多いです。

ぜひ、これから面接を受ける方の参考になれば幸いです。

アイコ
アイコ
転職の仕方を全工程から見てみましょう
転職活動全工程の進め方ポイント解説8選20〜30代で転職を考えている人は多いはず。そんな方のため転職活動の流れを一からご紹介します。その全てを3ヶ月程度かけて終わらせるために効率的に進めるやり方を解説していきます。初めての転職には特に役立ちます。...

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA