コラム

【未経験歓迎の罠!?】求人背景を考えて応募するクセをつけよう

山本さん
山本さん
求人サイトを見ていると『未経験歓迎』の求人がありましたが注意することは何ですか?
[産業機器メーカー 営業 31歳]
アイコ
アイコ
今回は山本さんの質問に回答していきますね
書いている人
  • 現役キャリアアドバイザー7年、年間1,000人以上のキャリア支援
  • 転職活動中で転職サイト・エージェントを調査、発信しています

未経験歓迎!未経験OK!という求人を見たことがある方も多いと思います。

中には条件や待遇が高いレベルのものもあり、魅力的に映ることもありますよね。

結論から言えば未経験歓迎の求人は内容や背景を十分に理解していれば応募しても大丈夫です。

企業と一緒に求人を作っている立場や経験を踏まえながらご紹介していきますね。

こんな方の悩みを解決したいです

  • 異業界へのキャリアチェンジ を考えている
  • 20代〜30代で新しい分野へのチェレンジをしたい

この記事の内容

  • 未経験歓迎の求人は企業側のテクニック
  • 求人母数を増やすため、理想人物採用のために行う
  • 企業側の背景を理解して応募するのはOK
  • 応募するときは自分の軸で判断すること

未経験歓迎求人が罠と言われるワケ

企業は優秀な人材が欲しい

転職活動をする中で、よく目にする「未経験歓迎」「未経験OK」というワード。

一見、業界の知識や業務スキルが全くなくても知らなくても受け入れてもらえると思いますよね。

今の仕事にモヤモヤ感があったり、新しい仕事にチャレンジしていきたい等と考えた時、思わず飛びついてしまいたくなるワードです。

ただし、本当に「未経験」で受け入れてもらえるのでしょうか?

そんな求人の実態や応募時のポイント、面接で受かるためのポイントなどをご紹介します。

未経験で転職を考えられている方は求人で見つけたら一度思い出すようにしてくださいね

未経験歓迎の求人が出回る背景を知る

求人母数を大きくする

中途採用において企業に最も期待されることは何でしょうか?

それは、即戦力です。

しかし、選択肢が多岐に渡る現代社会において、「●●経験必須」のような求人を出しても、なかなか人が集まらないのが現状です。

そこで、応募ハードルを下げたり、魅力的に映るように募集要件を緩和する。

そんな提案を転職斡旋会社の営業はします。これを、業界用語で「求人スペックを下げる」と言います。

求人スペックを下げ、多くの求職者に振り向いてもらえる状態にし分母を大きくしているのですね。

そして実はそこからふるいにかけます。

こうして、企業は採用計画を達成しながら、できるだけ優秀人材の獲得を目指します。

つまり、「未経験歓迎」という求人の全てが、本当かどうかというのはあやしいかもです

求人スペックを下げた背景を考えると、企業には「こんな人が欲しい…」という理想像はあります。

そんな理想像のことを、「ペルソナ」と言います。

ここからさらに「未経験歓迎」の求人の裏側についてもう少し深堀りしていきます。

山本さん
山本さん
そうなんですか!それは知らなかったです
企業側の意図をくみとって応募すると採用に近づきますよ

求人票には実は理想の人物像がある

求める理想像がある

先の章で見ていきましたが、企業は理想的な人に出会う為にあえてスペックを下げることをしていました。

つまり、そこには『求めるスペックが実はある』とも言い換えられます。

そんな、隠れているスペックのことを「裏スペック」と呼んでいます。

これは、企業として少しでも優秀な人材を獲得する上で利用するテクニックなんですね。

つまり、我々は「企業が求めている人物は?」という想像を働かせながらこの裏スペックを予想していく必要があります

過去にわたしも携わった例をいくつかご紹介します。

Q.次の求人で企業が本当は求めている人物像は?

①社長秘書
〜年齢経験不問〜

【若くて、キレイな女性】
若手×女性×あわよくば外見にもこだわりたい

②不動産の開拓営業
〜お客様のためになりたい!という思いを求めています〜

【若くて、体力と人柄に定評がある人】
元気(健康)×若手×あわよくば体育会系

③大手日経企業の事務職
〜これまでの経験は問いません〜

【ホワイト系で地頭が良い人】
若手×高学歴×転職2回以内

一例ではありますが、このようになります。

何となく見えてきたのではないでしょうか?

ここまでが「未経験歓迎」の求人を出す、企業側の意図となります。

山本さん
山本さん
うーん・・少し自信がなくなってきました
安心してください!ポイントさえつかめば良い結果が期待できます

「未経験歓迎」の求人に応募する前に

未経験歓迎の求人に応募する前に

「未経験歓迎」と書かれているから絶対に採用されるはずと安易に考えるのは禁物ですが、「自分の経験は通用しないかも……」と謙虚になる必要は全くないです。

未経験の方も、ある程度経験のある方も、チャンスであることは間違いありませんので積極的に応募してください

留意点としては、「未経験歓迎」というワードにのみ反応するのではなく、そこから企業が期待していることは何か?を考え、対策を立てていくことです

ここからは、企業側の思いと、それに対して必要なマインドセットをまとめました。

「未経験歓迎」に企業がこめる思いとは?

先ほども出てきましたが、中途採用で最も求められていることが「即戦力」であることは間違いありません

企業は求人にマッチする理想像を持っており、面接ではそこと近しい方にお会いできることを楽しみしています。

とはいえ、経験者にとっても「経験必須」と書かれていると、

「自分のスキルで十分なのかな…」

「応募しても、経験不足で書類が通らなそうだな…」

と、応募意欲が下がってしまうというデータもあります。

場合によっては、経験が豊富でも「未経験歓迎」の求人にだけ応募するという転職者もいます。

そこで、「未経験歓迎」と書くことで、業界・職種いずれの経験者からの応募も獲得したいという狙いが、この求人票にはこめられています。

つまり、求めるポジションにマッチした人材が応募するハードルを下げるために、応募者を広く集める

そんな意図が企業側にはあるわけです。

山本さん
山本さん
あえて「未経験歓迎」と打ち出すこともあるということですね。
そうなんです。この意図も想像しながら求人票を見るとわかってきますよ

応募にあたって必要なマインドセット

未経験歓迎に応募するマインドセット

企業には、求人票ごとに理想像があるということを見ていきました。

でも、「未経験歓迎」と書かれていたら、躊躇せずに積極的に応募していくことをお勧めしています!

企業の募集ニーズは日々と変わります

最初は経験者を採用しようと思っていたものの、思うように応募が集まらなかったので、近しいスキルを持った人と会うことにしたというケースもあります。

また、企業内で退職者が出て、採用枠を拡大する、ということも良くあります。

年齢は、若ければ若いほど有利になります。

転職者としては、何歳からでも新しいチャレンジができると希望を抱きがちですが、それはなかなか厳しいと業界内ではささやかれてます。

入社後の育成や自社のカルチャーになじめるかを考えたとき、企業は20代後半くらいまでの若手を求めます

「未経験歓迎」と書かれている求人を見つけたら、できるだけ若手のうちに応募を決断するようにしましょう。

今と大きな違いがある企業への転職

いくら「業界未経験可」だとしても、今の職場とまったく異なるカルチャーの会社へ応募は良く考えてから応募しましょう

例えば、現在の職場が「数十年の歴史がある老舗企業」で、社内の平均年齢が40~50歳という場合、じっくりと仕事を進め、社内の承認フローも複雑である場合が多いと思います。

しかし、転職先が「20~30代が中心のベンチャー企業」だった場合、入社数年で大きな仕事を任されたり、30代が役員クラスということも珍しくありません。

こうしたケースでは、入社後にカルチャーや仕事のスピード感の速さに戸惑うことが多いです。それが要因となり、早期退職やモチベーションダウンにも繋がりかねません。

でも、それは新たな経験値を得るチャンスでもあります

未経験の業界に飛び込もうと考えている場合は、検討中の企業の社風やカルチャーを事前によくリサーチし、

納得した上でアプローチするのであれば、それは非常に前向きなチャレンジであり、今後のキャリア形成の大きな分岐点になる可能性があります

ご自身で設定した転職軸をもとに判断するのがおすすめ

転職軸の整理方法はこちらです

転職軸の決め方|転職の軸を設定してブレない判断をできるようにしようよく聞く転職軸ってなんでしょうか?転職活動において、重要視される“選択の軸”。転職活動を進めるにおいて決断の場面で大活躍します。後悔しないためにも作ることをおすすめします。...

もし、そのようなキャリアチェンジをイメージされた場合は、面接でもぜひそのエピソードを伝えてみてください。

企業としても、非常に喜ぶと思います。

まとめ

  • 未経験歓迎の求人は企業側のテクニック
  • 求人母数を増やすため、理想人物採用のために行う
  • 応募するときは自分の軸で判断することがおすすめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「未経験歓迎」の求人についてご紹介しました。

求人ごとに企業は色々な思いをこめていますので、応募者はそれに答えるように受け答えをすることが成功の秘訣となります。

当サイトでは転職準備をしっかり行い、転職軸をもとに全て判断することをおすすめしています。転職の仕方で最初から一緒にやってみましょう。

転職活動全工程の進め方ポイント解説8選20〜30代で転職を考えている人は多いはず。そんな方のため転職活動の流れを一からご紹介します。その全てを3ヶ月程度かけて終わらせるために効率的に進めるやり方を解説していきます。初めての転職には特に役立ちます。...

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA