活動ステップ

【企業研究どこまでやるI?】転職活動編③

転職コラム

どうも、アキラです!

 

かつて人材紹介会社にいましたが、気づいたら自分が転職をしていましたw

 

アキラ
アキラ
アキラ(@akila_tenshoku)
現在はSaaSスタートアップて営業しています。
趣味はサーフィンなのですが、ド下手です。
誰かコツを教えてください(笑)

 

転職コラムでは、元業界人に視点から、忖度なく、一歩踏み込んで、

 

正直に色々と赤裸々に語っていきたいと思います!宜しくお願いします。

 

転職コラム
【転職でのレジュメ書き方工夫術】転職活動編②元業界人に視点から、忖度なく、一歩踏み込んで、正直に色々と赤裸々に語っていきたいと思います。転職活動を進めていく際に必ず提出が求められる職務経歴書(通称レジュメ)についてお話しをします。...

ポイントをつかんだ企業研究

ポイントを掴んだ企業研究前回はレジュメを書いてみました。

 

次は、相手のことを知る。つまりは、企業研究です。

 

身支度はしました。

 

オシャレはしました。

 

次は、相手が喜ぶデートコースをアテンドできるようになる!これがゴールイメージです。

 

人は趣味思考がキーとなりますが、今回の相手は企業です。

 

企業はそれぞれが手がけている仕事があり、対する世論の評価を受けて成り立っています。

 

つまりそこに詳しくなる事が、企業研究だと言えます。

 

先ずはMUSTで下記2点を調べましょう。

  1.  何をしている会社か?
  2.  売上/利益率は?

 

それでは各項目を深掘りしていきましょう。

 

何をしている会社か?

最低限の会社概要と業務内容だけを先ずは把握しましょう。

 

企業HP、求人票などを一通り見て会社の情報と業務の情報を収集します。

 

売上は?

細かい数字は覚えなくて良いので、

 

“どれ位儲かっているのかな?”程度にインプットしましょう。

 

そして、余力があれば是非やって欲しいのが下記になります。

 

ライバルってどこがいる?

ライバル企業、即ち競合です。

 

企業は、1社独占という事は有り得ず、必ず鎬を削るライバルがいます。

 

そのライバル達のラインナップを数社覚えておき、

 

“それ等と比較をした時のユニークなポイントはどこか?”



ここまで分析が出来れば、面接時に鋭い志望動機が語れるでしょう。

 

面接前に準備できる事はごく僅かです。

 

ここは面接回数を重ねる毎に肉付けしていくイメージで良いと思っています。

 

僕は大体このようにしていました。

  1.  HPの会社概要を見ておく
  2.  NewsPicksで会社名で検索して記事を読んでおく
  3.  Open Workとかの口コミや競合情報見ておく

アキラ
アキラ
Open Work、意外と信頼しているんですよねw
食べログの点数くらいの精度だと思っています。

 

上記のポイント①〜③をざっと調べ、あとは面接当日に企業への質問に回しましょう。

 

エクセルやパワポで表を作ると良いですよ!

 

そして、情報が薄い部分は、当日に重点的に質問して補っていく。

 

企業側も、自分たちの事を知ろうとしてくれている姿勢を感じるはずなので、
前向きな心象を与える事にも繋がります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

本日は企業研究のポイントをお伝えしました。

 

スピーディーに時間をかけずに端的に進める事が大切だと思っています。

 

複数社の面接が入ってくると、なかなか時間が取れなくなってきます。

 

チェック項目のイメージがあると生産性アップに繋がると思うので、是非参考にして頂けると嬉しいです。

 

次回は、転職活動:活動編④をあげていきます。

 

また読みにきてくれると嬉しいです!

 

ではでは~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA