活動ステップ

【転職でのレジュメ書き方工夫術】転職活動編②

転職コラム

どうも、アキラです!

 

かつて人材紹介会社にいましたが、気づいたら自分が転職をしていましたw

 

アキラ
アキラ
アキラ(@akila_tenshoku)
現在はSaaSスタートアップて営業しています。
趣味はサーフィンなのですが、ド下手です。
誰かコツを教えてください(笑)

 

転職コラムでは、元業界人に視点から、忖度なく、一歩踏み込んで、正直に色々と赤裸々に語っていきたいと思います!宜しくお願いします。

 

第二回目は、転職活動を進めていく際に必ず提出が求められる職務経歴書(通称レジュメ)についてお話しをします。

 

転職コラム
【転職活動の進め方】転職活動編①転職活動時のモチベーション維持について説明しています。...

 

レジュメの工夫で書類選考を突破

レジュメの工夫をする

どんなお話しかというと、このレジュメの“工夫”について解説していきます。

 

僕は、かつてキャリアアドバイザーとして、数千のレジュメを見てきましたが、その多くは、“もったいないな~”と思うものでした。同時に、“もっと工夫(盛って?)書けばいいのにな~”と思ったりもしました。

 

“盛る”というと、悪い事なのでは?職歴偽造に当たらないか?等のご意見を頂きそうです。

 

前提として、職務経歴書の偽装と工夫は異なります。
一線を超えるグレーなお勧めはしませんので、ご安心くださいw

 

当然、第三者は書かれている内容を真実だと思いますよね。
書いている人とは、会った事がなく、唯一の情報源ですので、当然といえば当然です。

 

そして、読み手は人物像を想像します。

 

担当者
担当者
“この経験は素晴らしい即戦力性が高そうだな”

 

そして、書類選考の合否は決まっていきます。

 

書類選考の通過率はどの程度だと思いますか?

 

年齢や職種などによっても変わってきますが、平均で30%程度だといわれています。
書類選考で大きく候補者が絞られていると言うことがわかります。

 

書類選考通過率出典画像:マイナビ転職https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/naiteisha

 

 

つまり、書類選考をいかに突破するかは、大きなキーポイントだということがわかります。

 

では次に、皆がレジュメをどういう風に作っているか考えていきましょう。

自分が思うよりオーバーに書こう

履歴書でPRする私の感覚としては、レジュメ作成が上手い人は、オーバーにPRしている事が多いです。私自身も、若干大げさに書いたり、含みを持たせた表現をする事は多々あります。

 

どういうこと?と思われる方もいらっしゃると思うので、私が使った例をいくつかあげます。

 

取りまとめ役  →  リーダーポジション、マネジメント
何かを修正した →  改善活動を展開
好かれていた  →  信頼関係を構築

 

と、こんな感じです。

 

コツは、敢えてビジネス用語を使い、カタカナや熟語を多めに使う事です。
少しお堅めに映るかもしれませんが、それ位で丁度良いと思います。

 

仕事というと、その人に責任を任せる事ですので、信頼関係で成り立っています。
従って、文章から“この人真面目そうだな、信頼できそうだな”と思ってもらう事が必要なのです。

 

いかがでしょうか?これは、職歴偽装の偽装とは違いますよね?

 

しかし提出されるレジュメからは、どうしても平凡で当たり障りのない印象を感じる事が多いです。

 

その理由は、以下の2点からきています。

 

  1. 自信の無さや恥ずかしさ
  2. ビビり

①は、日本人特有のシャイな性格が起因しています。
“人からどう思われるか?”を気にし過ぎています。

 

考えて欲しいのは、このレジュメを見る方は、あなたと会った事はありません。

 

レジュメからしかあなたの魅力/特徴は伝わりませんので、少しオーバー気味に伝える事を心掛けましょう!

 

②は、経歴偽装等ルール違反に対するビビりです。
先程一緒に考えたように、オーバーな表現はPRをする上では必須だとも言えます。

 

嘘をつかなければOK。0を10にするのはNGですが、1を10にする事はテクニックである、そう意識して下さい!

 

私の友人で、ある役職者の方がこう言っていました。

 

レジュメより実物の方が良く映る事は稀。
なぜなら、レジュメは考えて自分のペースで納得のいくまで作り込めるから。
逆に、レジュメをちゃんと書かない人は、拘りが弱い人なのかなと心配になる。

 

また、企業側はどうでしょうか?企業側のレジュメは求人票になります。
求人票に書かれている内容は、100パーセント事実でしょうか?

 

皆様の現職や前職はどうでしたか?

 

私は数社経験しましたが、そこには大なり小なりのギャップがありました。
つまり、企業側も1を10にする工夫をしていると言えそうです。

 

それを面接でバレないように、メッキが剥がれないように、化粧をしているのです。

 

アキラ
アキラ
なんか、デートと似ていますw

 

私が本日お伝えしたい事は、この2点になります。

 

まとめ

①オーバー表現を工夫と捉えてみよう
②企業も貴方もお互いがジャッジしている

 

自分がやってきた事、経験を前向きに捉え、相手に良く思われるにはどうすべきか?
オーバー過ぎる位、強烈にPRしてみて下さい!

 

アキラ
アキラ
履歴書・レジュメの添削も行っています。一度覗いてみてくださいね。
>>こちらからお願いします。

 

ではでは~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA