コラム

【人気職種で収入アップ】未経験の仕事に挑戦する

転職情報館|転職未経験の仕事に挑戦する
永井さん
永井さん
アキラさん収入アップがしたいです。このままでは将来が不安ですどうすれば良いでしょうか?[卸売業 32歳]

 

どうも、アキラです!

 

長年の元大手系人材会社でキャリアアドバイザーを行ってきた経験から情報発信しています。

 

アキラ
アキラ
アキラ(@akila_tenshoku)
キャリアアドバイザーの経験から転職活動中の方のご相談に乗っています。
無料相談承っていますのでTwitterからご連絡ください♪

 

この記事を読むとこんなことがわかります

「人気がある職業」から20代、30代が転職で目指すべき職業がわかります

 

人気の高い仕事につきたいと考えること自体は、誰もが通る自然の心境とも言えます。僕自身もそう考え大手の企業を受けまくり、入社するだけで優越感を感ていましたwダメな思考なので、真似しないで下さいね 。

 

人気がある仕事には、理由があります。現象には必ず理由がセットになっています。

 

この記事の内容

①転職人気職種がわかる
②ITエンジニアは市場価値が高い
③ITエンジニア・営業が狙い目

 

人気職種の傾向は?

人気職業に挑戦する希望が殺到する仕事といえば、総合商社/IT系/医療器機メーカー等があげられます。あとは、公務員なども未だに根強い人気がありますね。

 

この4つの仕事については以下のような点で共通点があります。

年収が高い傾向
安定している
社会的意義がある

人気なのもうなずける共通点ですね。

 

総合商社や医療機器メーカーについては年収が高いことや仕事のやりがいもあります。非常に人気の高い仕事ですが、人気が高いが故に競争率がビックリするくらい高い。。。

 

理由として新卒採用に力を入れている、勤続年数が長くそもそも人材不足にはならない職種と言えるからです。

 

総合商社では、営業や貿易、語学力など多岐にわたるスキルが必要となり、転職が成功すればまさにキャリアアップで収入アップが望める仕事と言えますね。

 

また、医療機器メーカも2025年問題から高齢者の人数、比率は年々増加していく将来性、社会的価値のある仕事です。

 

永井さん
永井さん
人気で収入が高いのはわかりますが、転職するのは難しそうじゃないですか?

 

アキラ
アキラ
そうですね。特殊なスキルが必要であったり今から対応すると時間がかかりますね。
では、市場規模も大きく、現実的な職業は何なのでしょうか?

今必要とされるITエンジニア

人気の職業|ITエンジニア

現在社会において市場価値が最も高いと言える職種がエンジニアです。特に、IT/WEBエンジニアは、求人倍率も安定しており、給与水準も高いです。

 

社会ニーズとしては、最もHOTだと言っても過言ではありません。

 

IT人材の不足は、現状約17万人から2020年には約37万人、2030年には約79万人に拡大すると予測され、今後ますます深刻化すると考えられている。

引用:経済産業省「IT分野について」より一部抜粋

 

現在すでに17万人不足していると言われている人材不足が今から10年後には約2倍もの人数が不足すると予想されています。

 

私も今の会社でリソース不足による、新規開発の遅延や障害対応の遅れなどをよく耳にします。営業からすると”リソース不足”が一番嫌いな言葉です。泣

 

社会的にも人材不足が叫ばれている中企業もロボットやIT技術を使った作業効率化を進めてDX(デジタルトランスフォーメーション)も推進しています。ますます人材不足の課題は大きくなりそうですね。

 

10年後には20代が30代、30代が40代になっている時代になります。未経験でも今からITエンジニアの世界に飛び込み10年経験していればもう立派なエンジニアになっているので狙い目です。

 

高収入のエンジニア|格差社会を生き抜くカギ
【高収入のエンジニア】格差社会を生き抜く選択とは!?収入による格差はどの仕事においても一定は存在します。 だからこそ、どういった選択をし、キャリアを形成するかによって大きく人生は変わります。理想像を思い描き、常にそこへ向けて選択をしていくことが僕たちには求められています。...

 

また、ポテンシャル重視の採用が多いのもおすすめな理由ですね。

 

永井さん
永井さん
ポテンシャル採用なら僕でも頑張ればキャリアチェンジ できるかも

 

アキラ
アキラ
ITエンジニアは人気ですが、技術を身に付けるのも大変です。まずは今できることから、その業界に入り込むのが一番おすすめです。

 

営業とエンジニアの関係

営業とエンジニアの関係次に人気がある職種は、意外かもしれませんが営業です。IT関係の職業と営業は結びつきにくいかも知れませんが、新規取引先の取得や綿密な打ち合わせに営業職は欠かせない存在です。

 

営業では特に医療機器関係が人気がありますが、病院などの施設に新しい機器を導入してもらうための営業活動があります。

 

新しく、自分の会社の器機を病院側に購入してもらうためには、無理にでも医師と会うための約束が必要になります。

 

医師の話についてこれる知識量と新しい器機についての説明が可能な理解度が、営業職には求められています。

 

あとは、顧客に気に入られるキャラクター等も重要な要素になります。どの職業も専門知識が必要であり、向き不向きや好き嫌いは当然あるようです。ちなみに、私は医療機器営業は嫌いでしたw

 

しかし、今の人気職種の二大巨頭は、営業とエンジニアというのが固いという調査が出ています。

 

営業という仕事には明確なスキルはありませんが、先輩社員のしていることや自らの経験を通して、テクニックを磨いていきます。

 

一方で、エンジニアは、0から何かを創り出すという、夢を追い求めれる職業だとも言えます。両者に共通しているのは、感覚がスキルと直結している事です。

 

“天才セールス” や “天才エンジニア” といった言葉は、良く聞きますよね?一方で、天才人事や天才総務って、あまり聞かないですよね?

 

それは、この両職種には、感覚とスキルが合わさる事で、可能性が無限に広がっていく可能性があるからです。他の事務職とは、可能性の大きさに違いがあります。

 

何か、夢がありますよね!

 

良く耳にする言葉ですが、非常にやり甲斐のある職業であると言えます。自分にしか出来ないような、壮大で責任感のある仕事に憧れ、人気が集まっているというわけです。納得です!

 

僕自身も、そういった営業を目指し活動しています!一方で、エンジニアの人たちを羨ましいと思ったりもします。今後の社会の主役は間違いなく彼らですので。

 

まとめ

  1. 総合商社/IT系/医療器機メーカー等が人気
  2. ITエンジニアは市場価値が高い
  3. ITエンジニア・営業が狙い目

いかがでしたでしょうか?

 

永井さん
永井さん
ありがとうございます。まずは自分のできることからチャレンジしていこうと思います

 

首都圏でIT求人をチェックしてみよう

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

 

それでは、今回はこれくらいにします。

 

ではでは~。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA